株式投資は信用取引で儲けろ!信用取引入門

株式投資は信用取引で儲けろ!信用取引入門

信用取引で、株式取引を有利に運ぼう

信用取引,入門,空売り,儲け方,

信用取引を始めよう。

 

信用取引で株取引の幅を広げよう。

 

信用取引というのは、お金や株を借りて売買する株式投資だ。

 

利率は年利3%前後だから、半年では1.5%くらいで意外と安い。

 

車のローンと同様、目的がハッキリしているから、安い金利で取引きができる。

 

なので資金力の乏しい個人投資家は、株に慣れてくると信用取引を始める。

 

理由は簡単で、上がると分かっている株が資金不足で買い付けられない悔しい思いに何度も出くわすからだ。

 

信用取引なら、手持ち資金の最大3倍までの株が取引きできる

 

40万円円程度の保証金を積めば、100万円の株取引ができるのだ。

 

現金で買う現物株では1万円しか儲からなくても、3倍買い付けられるので、3万円の利益を上げることができる。

 

現金では資金不足でナンピン買いができない株でも、信用取引では3倍買えるので、平気でナンピン買いも可能になる。

 

株式投資では、東証一部の有名どころの単位株価が15万円から30万円くらいの株価が多いが、1単位か2単位しか買えないところを、3単位以上買うこともできる。

 

そう言う風に自由度が大きく広がるのが信用取引と言うものだ。

 


信用取引は始めやすくなってきた

信用取引,入門,空売り,儲け方,

信用取引というのは、お金や株を借りて株売買をする方法だ。

 

信用取引を始めるには、証券会社に信用取引口座を開く必要がある。

 

信用取引というのは、お金や株を借りて売買するので資産の裏付けが必要だ。

 

ということで数年前までは、300万円くらいの資産がないと、信用取引の口座を開くことができなかった。

 

が、最近は事情がかなり変わってきた。

 

というのもネット証券が激しい顧客獲得競争をするようになって信用取引口座が安い保証金で開けることを売りにしだしたからだ。

 

信用取引を始める条件としては

  • 株式売買の経験が1年以上ある
  • 金融資産(貯金や不動産など)が100万円以上ある
ということが書いてある。

 

(楽天証券など)つまり百万円前後あれば、一週間ほどで信用取引が始められるのだ。

 

しかもこれは表向きのものであって、実際は50万円くらい証券会社の口座に入れて株の売買をしていたら、OKが出ることも多いようだ。

 

法律的には、30万円以上の保証金があれば信用取引は可能になるので、よほどのことがない限りは断られない。

 

実際私の場合も60万円くらいで売買していたときにOKが出たから、必ずしも100万円口座に入れる必要はない。

 

ということで、このサイトでは、私の信用取引の経験や失敗から、信用取引で儲ける方法を考えることにする。

 

NEXT:信用取引の始め方


このエントリーをはてなブックマークに追加