トレンドフォロー株投資法で、利益を最大にするには?

トレンドフォロー株投資法は、上昇トレンドの時は買って、下落トレンドの時は売るという、比較的わかりやすい投資法だ。

 

しかしトレンドフォロー株売買では、

  • トレンドがハッキリしない株には不向き
  • 高値づかみしやすい
  • 利幅が小さくなる
という欠点があった。

 

トレンドフォロー株売買法は、トレンドを追いかけるやり方だから、気づいたときには既にトレンドの転換点が目前で、買った途端に下がり始めるということもよくあるのだ。

 

そしてもう一つは、上昇トレンドを確認するまで、買いに入らないというルールでは、利幅を小さくして儲からなくしてしまうことが多い。

 

そこで、安値から切り返したと見えるところで打診買いして、上昇トレンドを確認したら、さらに買い増しするという、いわゆる「ナンピン買い上がり」という方法をとる。

 

トレンドフォロー株投資法 売買の例
トレンドフォロー株投資法 売買の例この銘柄の例だと、下落トレンドが収まり2連騰、あるいは陽線が2本並んだところで買いに入り、3日連続下落か陰線3本で売るというのが一番良さそう。

 

上昇トレンド中は、2日下落したあと3日目からまた上がり出すということはよくあるので、せめて3日くらいは様子を見る必要がある。

 

もちろん、損切りラインを下回ったら、当然売りってことだが。

 

中期投資で、資金を固定したままでも良いなら、5週間後の大陰線の後、売買代金が急減したところが売り時かな。

 

トレンドフォロー株投資法で、利益を最大にするなら、こういう感じになる。

 



底値

トレンドフォロー株売買で利益を最大化するには、できるだけ「株価位置」の低いところで買いに入る必要がある。

 

株価位置というのは、年初来高値を100、年初来安値を0としたときの、現在の株価の位置のことだ。

 

証券会社のスクリーニング・ツールに株価位置という項目がなければ、「過去52週最安値からの上昇率」か、「年初来安値からの上昇率」で代用すれば良い。

 

大事なのは「底値」のどれくらい上に位置するかということで、底値から近いところで買い付ければ、損切りリスクも小さくすることができるし、利益の幅も大きく取ることができる。

 

逆に底値から遠いところで買い付けると、高値づかみしやすく、大損しやすくなる。

 

つまり上昇トレンド中であっても、株価位置が高い場合は手を出すべきでないし、手を出すなら、撤退も早めに行わないといけない。

 

高い位置で買い付けた場合は、最高値から10%下がったら売りとか、20%下がったら売りとか、自分なりに納得いく損切りラインを引いて、それを割ったらすぐに売りと言う風にしておかないと、大事な投資資金を大きく減らすことになる。

 


広告

株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★神王リョウの投資スクール神リッチプロジェクト

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

★第4位★週末イチ時間でお宝銘柄!ワンWEEK副業投資プログラム

★第5位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第6位★トレードサイン生成ツールAlchemy(アルケミー)

★第7位★個人投資家なりの戦い方!株リッチプロジェクト

テクニカル・トレード人気ノウハウ

★ツールで気楽にトレードトレードサイン生成ツールAlchemy

★株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

★証券ディーラー山本伸一の板読みトレードテクニック

★山本伸一の空売りピンポイント投資術2