初公開!★相場師朗の超短期トレードの極意ショットガン投資法

★第1位★14日間おためし!儲かる銘柄をズバリ即金投資【株ドカン】

★第2位★新!うねり取り!相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第3位★儲かる銘柄は6条件!株式投資錬金術

トレンドフォロー、下落トレンドではどうする?

トレンドフォロー株取引法は、上昇トレンド中の株で利益を上げる方法だ。

 

なので株式市場が右下がりで、下降トレンドばかりになると、空売りして稼ぐやりかたになる。

 

信用取引口座を開いておれば、空売りできる株、すなわち信用区分が「貸借」の銘柄を探して、下落トレンドの株で売りで入り、買いで戻す。

 

また数少ない上昇トレンド株を見つけて、それで勝負する。

 

一方、銀行株のようにボックストレンドを描く株では、底値切り上げ買いと損切りライン売りというトレンドフォローのやり方では難しい。

 

たとえば次の日足チャートのような株は、どのように売買したら良いだろう?買いに入るチャンスはたくさんありそうだが、問題はどこで売るべきかという点だ。

 

ボックストレンドの日足チャート例
ボックストレンドの日足チャート例長期移動平均線が多少右肩上がりだが、ほぼ水平に近いわけだから、売り時が決まらない。

 

底値切り上げといっても、殆ど同じレベルの株価だし。

 

2〜3週間保有して、そこで損切りというのも情けないし。

 

なにか売り時のルールを決めねばならない

 


ボックストレンド

下落トレンドでは、売りで入り買いで儲ける。

 

すなわち空売りだ。

 

株が上がれば「買い」で、株が下がれば「売り」というのがトレンドフォローのポリシーだから、下落トレンドでは当然「売り」なのだ。

 

ただし空売りできる株・銘柄というのは少なくて、信用取引区分が「貸借」と書いてある銘柄しか空売りすることができない。

 

またトレンドフォロー株売買は、ボックストレンドに弱い。

 

ボックストレンドでは、買いに入るのは簡単だが、安値が切り上がらないので、売り時が決まらないのだ。

 

なので、自分なりの「売りルール」を決める必要がある。

 

ボックストレンド株での売買法
ボックストレンド株での売買法この日足チャートの銘柄なら、
  • 安値から陽線が2本続いたら買い
  • 高値で上昇が止まるか、陰線が並んだら売り
というルールで良さそうだ。

 

ボックストレンド株というのは、上限がある程度見えているので、上限まで株価が上昇すると、途端に売りが増える。

 

銀行株などはたいてい空売りできる貸借銘柄なので、ここで空売りがたくさん出てきて、買いと揉み合い、結局また元の下限の底値まで押し戻される。

 

そして下限価格付近に近づくと、空売り分が一気に買い戻されて、また急に株価が上昇するわけだな。

 


株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★14日間おためし!儲かる銘柄をズバリ教えます!即金投資【株ドカン】

★第2位★新発売!うねり取りを超えていけ!相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第3位★儲かる銘柄は6条件で見つけられる!『株式投資錬金術』

★第4位★週末イチ時間でお宝銘柄を見つけろ!ワンWEEK副業投資プログラム

★第5位★ウイークリートレード決定版!「5日株トレード法」全セット

★第6位★デイトレでどうしても稼ぎたい!紫垣デイトレード塾

★第7位★日経225miniで稼ぐ秘訣!株価暴落時のヘッジもZONE〜NEW WORLD〜

初公開!★相場師朗の超短期トレードの極意ショットガン投資法

このエントリーをはてなブックマークに追加