株が下がる兆候は必ずある

信用取引,入門,空売り,儲け方,

株価が大きく下落する時、兆候というのは大抵ある。

 

というのも大損してからチャートを見直すと、確かにそこに「売りサイン」が出ていたりするのだ。

 

ところが自分が株を持っている時には、なぜかそれを見逃してしまう。

 

下落サインが出ているのに、なぜ見逃すのか?「欲目」というものがあるのだろう。

 

目が曇っていたとしか言いようがない。

 

ところが何度か大下落に出くわすと、下落サインに敏感になっていく。

 

信用取引などを始めて、売りチャンスを捜していたりすると、さらに敏感になっていく。

 

下落サイン通り売れば、大損はしない。

 

5%くらい下げたところで処分したって、それほどの大損にはならない。

 

問題はそれをずっと持ち続けていると、評価損が10%を越え20%を越え、ひどいときには半値になったり3分の1以下になったりするのだ。

 

こうなるともう大出血で瀕死の状態だ。

 

そう言う状態になって始めて、あきらめて株を投げ売りする。

 

下落サイン通りに売っておれば、何万円も資金が手元に残ったのに。

 

株は下がりだしたら売る。

 

これを守るだけでも、損失は何万円も何十万円も小さくできる。

 



ドテン買いで挽回。

株価のトレンドが転換したのが分かったら、すぐに投資も転換しないといけない。

 

上昇トレンドだったのなら、下落トレンドと見て売りに入らないといけない。

 

信用取引で、空売りができる銘柄であれば、買い玉・買建てを解消して、空売り・売建てを建てれば、買建てで損した分を取り返すことも可能になる。

 

こういうのを「ドテン買い」という風に言うが株価は上がるときより下がる時の方が速いので、短期間に大きな利益を上げることもできるようだ。

 

もちろん空売りするときも、3単位くらいに分けて売っていくといい。

 

空売りする場合は、こんな感じで売っていき、大きな陽線が出たら売りポジションを買い戻す。

 

空売りの3単位投資法
空売りの3単位投資法空売りの場合、株価が急反発すると大損することが多いので、大きな陰線が出たら売り、大きな陽線が出たらさっさと買い戻せばいい。

 

大きな陰線を上回るほどの大陽線は滅多に出ないので、すぐに売っておけば大損は避けられる。

 

株は上がりだしたら買い、下がりだしたら売り。

 

これは信用取引でも現物株取引でも同じだね。

 

というか、同じに捉えないと混乱するんだけれど。

 


広告

株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★神王リョウの投資スクール神リッチプロジェクト

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

★第4位★週末イチ時間でお宝銘柄!ワンWEEK副業投資プログラム

★第5位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第6位★トレードサイン生成ツールAlchemy(アルケミー)

★第7位★個人投資家なりの戦い方!株リッチプロジェクト

テクニカル・トレード人気ノウハウ

★ツールで気楽にトレードトレードサイン生成ツールAlchemy

★株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

★証券ディーラー山本伸一の板読みトレードテクニック

★山本伸一の空売りピンポイント投資術2