株式投資、3単位投資法で安全に儲けろ

信用取引,入門,空売り,儲け方,

資産作り・資産保全の方法として、資産3分割法というのがある。

 

お金儲けの神様・邱永漢さんなどが昔よく紹介していたが、自分の財産を三つに分けて、三分の一ずつ別の投資先に投資すると言うものだ。

 

たとえば株と不動産と黄金に三分の一ずつ投資。

 

運用先を性格の違う3種類に分けることによって、大損を避けるというものだ。

 

これはもちろん、資産を増やすことに重点があるわけではなく、資産を減らさないようにするっていう方法になる。

 

だけどリスク回避と言う点では、株式投資にも生かせるのではなかろうか。

 

手持ちの資金を3つに分けて、3つの銘柄に投資する。

 

一つの銘柄に投資するにしても、資金を3つに分けて、違うタイミングで売り買いする。

 

プロの投資法である「打診買い」「買い増し」「売り崩し」というやり方も、投資余力を3つに分けて売り買いすることによって、個人投資家でもできるようになる。

 

常に2単位保有して、株価が上がり始めたら1単位買い増しして、株価が下がり始めたら1単位売り崩していく。

 

こういう方法は確実だ。

 



3単位投資法の利点とは?

株式投資で難しいのは、買いつけるタイミングと売り始めるタイミングだ。

 

どこで買いに入ったらいいのか、どこで売ったらいいのか。

 

上昇トレンド中なら、どこで買いに入って、どこで売ってもいい訳だが、そんなお気楽な相場ばかりとは限らない。

 

ボックストレンドや下落トレンドでは、買いに入るタイミングや、売ってしまうタイミングを外すと、あっという間に含み損を抱えたり、その上で泣く泣く損切りしたりする羽目になる。

 

しかしこれは、資金全部使って、1単位や2単位だけしか買えないような株・銘柄を、買ったり、売ったりしようとするから、難しくなるわけである。

 

3単位を楽に売買できるような株や銘柄を選んで、それに投資する。

 

2単位くらいを常に持っていて、上がり始めたら1単位買う、下がり始めたら1単位売って利益確定、…と言う風にルールを決めておけば、上がっても下がってもリスクは少ない。

 

株は上がり始めたら買いで、下がり始めたら売り、だ。

 

ボックス相場や揉み合い状態から抜け出して上がり始めたら買い。

 

逆に下落方向に動いたら、問答無用で売り。

 

ゴールデンクロスになりそうだったら買いで、デッドクロスになりそうだったら売り、と言うルールでもいい。

 

貸借銘柄なら、空売りも可能なわけだから、1単位を買建てていても、残りの2単位を売り建てれば下落でもプラスになる計算だ。

 

株価の行方が不透明なら、反対方向に1単位ずつ持っていて、動きを確認してからもう1単位を建て増せば、サヤ取りもできる。

 

3単位あれば、途中でドンドン利益確定もできるし、危険を察知したら反対売買に動けばいいわけだ。

 

株式投資を始めたばかりの頃は、稼ぎたいという気持ちが先行するので、どうしてもバクチのような投資ばかりすることになるが、そこをグッと我慢して3単位に分けて投資するのが、大人の投資法だろう。

 


広告

株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★神王リョウの投資スクール神リッチプロジェクト

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

★第4位★週末イチ時間でお宝銘柄!ワンWEEK副業投資プログラム

★第5位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第6位★トレードサイン生成ツールAlchemy(アルケミー)

★第7位★個人投資家なりの戦い方!株リッチプロジェクト

テクニカル・トレード人気ノウハウ

★ツールで気楽にトレードトレードサイン生成ツールAlchemy

★株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

★証券ディーラー山本伸一の板読みトレードテクニック

★山本伸一の空売りピンポイント投資術2