底値に近いところから買い始めよう

トレンドフォロー株投資法では、上昇トレンドの時は「買い」、下降トレンドの時は「売り」という、トレンドに沿った売買を行う。

 

具体的には、株価が上昇中の銘柄を選び、上昇中に買い付けて、下落が始まったら売る。

 

「上がったら買い、下がったら売り」という、非常にシンプルな方法の株売買である。

 

このトレンドフォロー株投資法の利点は、「売りタイミング」と「ロスカットライン」が同じであり、売り時はチャートが決めてくれるというところだ。

 

株式投資で一番難しいのは、いつ買うかではなく、いつ売るかということで、売った後にさらに株価が上がると悔しいし、それでもう一度買い付けたら高値づかみになって、今度は大損するようなことも起こる。

 

しかしたとえ高値づかみしても、すぐに損切りすれば大損せずにすむわけだから、売り時を外さずにきちんと売れれば、問題ないわけである。

 

その点、トレンドフォロー式の株売買だと、下落トレンドを確認してから売るので、「まだ上がったのに」というような後悔はかなり減る。

 

ただしトレンドフォロー株投資法には、

  • 高値づかみしやすい
  • 利幅が取りにくい
という欠点があり、他にも
  • トレンドがハッキリしない銘柄には不向き
  • ボックストレンドには工夫が必要
等と行ったことがある。

 

これを解決するには、できるだけ株価位置が低い、底値に近いところから上昇し始めた株を、丹念に探して買い付ける必要がある。

 



底値株の見つけ方

トレンドフォロー式株売買は、

  • 高値をつかみやすい
  • 利幅が取りにくい
というような欠点がある。

 

株価が上がっているからと言って、やみくもに買い付ければ、高値づかみしやすいのももっともだ。

 

ただしトレンドフォロー株投資法では、株価のピーク(頂上)を外さずにすむので、底値ちかくから上昇してきた株を見つければ、リスクも小さいし、利幅も十分に取れるはず。

 

なので問題は底値株をどうやって見つけて、どういうタイミングで買いに入るのかということだ。

 

底値株は、証券会社のスクリーニング・ツールを使えば、候補銘柄がたくさん出てくる。

 

たとえば楽天証券の場合は「スーパースクリーナー」という、銘柄絞り込みツールがあるので、そこで候補を探せば良い。

 

【図解】底値株の見つけ方(楽天証券)

楽天証券のサイトにログインし「国内株式」>「株価検索」>「スーパースクリーナー」をクリック。

 

左側にある絞り込みメニュー、予算を打ち込む。

 

その下の「詳細検索項目」で「検索条件追加」をクリック 検索条件の選択画面が出てくるので、「過去52週安値からの上昇率(%)」をクリックして追加。

 

最小値を「0」、最大値を「20」位に設定。

 

もう一度「検索条件追加」をクリックして「平均売買代金(千円)」も追加。

 

100000か1000000くらいに設定する。

 

こうすると100前後の銘柄のリストが出るので、片っ端からチャートを開いて、底値から上昇し始めた銘柄を見つければ良い。

 


広告

株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★神王リョウの投資スクール神リッチプロジェクト

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

★第4位★週末イチ時間でお宝銘柄!ワンWEEK副業投資プログラム

★第5位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第6位★トレードサイン生成ツールAlchemy(アルケミー)

★第7位★個人投資家なりの戦い方!株リッチプロジェクト

テクニカル・トレード人気ノウハウ

★ツールで気楽にトレードトレードサイン生成ツールAlchemy

★株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

★証券ディーラー山本伸一の板読みトレードテクニック

★山本伸一の空売りピンポイント投資術2