株は下がり始めたら売る。これは鉄則。

株式投資,

株は売りサインが出たら、売る準備をしないといけない。

 

たとえ高値づかみしてしまった株でも、すぐに売ってしまえば大損はしない。

 

が、売りサインが出ている時に売らないと、思わぬ大損してしまうことが多い。

 

反発を期待して持ち続けているウチに、含み損・評価損がドンドンふくらんで、さらに暴落したときに「もうダメだ」ってことで売る。

 

数千円から1〜2万円の損を惜しんで、5万も10万円も損してしまう。

 

こういうのが大損パターンだ。

 

特に空売りが可能な貸借銘柄の場合、急落した株はさらに売り浴びせられてしまう。

 

だから、あっという間に評価損が拡大することが多い。

 

売りサインが出ている株は、そうやって2割も3割も急落する。

 

だから売りサインには敏感になって、サインが出たらすぐに売る準備をしなければいけない。

 

下がったら買おう、上がったら売ろうでは、利小損大になってしまって、株式投資ではなかなか儲からない。

 

というのも株というのは、「上がり始めたら買う、下がり始めたら売る」というのが正しいのだ。

 

これはトレンドフォロー法という売買手法だけど、昔からある非常にシンプルな方法で、初心者でも使える方法だ。

 

安値で買って高値で売る、と言う方針では、どこで買えば良いか、どこで売れば良いかが、実はよく分からないので初心者には難しい。

 

予想に反して上昇する株では儲け損なったり、予想に反して下落した株では大きな含み損を抱えて身動きが取れなくなるから。

 



株価が下がり始める前兆とは?

株価はどういうときに下がり始めるのか。

 

保有株はいつ下落トレンドに転換するのか。

 

こう言うことは数多く失敗しないとわからない。

 

と言うのも買い付けた株というのは、上昇期待で買い付けたわけだから、下がると思ってチャートを見ない。

 

そろそろ下がるかな?と思いつつチャートを見ていれば、下落兆候にも気がつくハズなんだけれど、上がることを期待してチャートを見ていると見逃す。

 

たとえばこういうチャート、どう思う?

右肩上がりの日足チャート例
右肩上がりの日足チャート例右肩上がりで上がってきた株で、移動平均線も上向きだ。

 

こういうチャートの場合、「まだまだ上がる」様にも見えるし「そろそろ下がるかな」とも見える。

 

で、実際にどうなったかを見ると、こうなっている。

 

株価下落の日足チャート例
株価下落パターン増資の発表などもあって、28万円がたった一ヶ月で19万円台だ。

 

その後3割くらい急反発しているが、そんなにすぐには元値に戻らない。

 

下落傾向がハッキリすると、利益確定売りが増えてきて、さらに空売り・売り建てしてくる人も取引に参加し始め、圧倒的に売り優勢になるので、絶対に高値には戻らない。

 

なのでいち早く下落の兆候に気づき、さっさと売るのが正しいわけだ。

 

じゃあ、下落の兆候はどこにあったのか?


広告

株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★神王リョウの投資スクール神リッチプロジェクト

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

★第4位★週末イチ時間でお宝銘柄!ワンWEEK副業投資プログラム

★第5位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第6位★トレードサイン生成ツールAlchemy(アルケミー)

★第7位★個人投資家なりの戦い方!株リッチプロジェクト

テクニカル・トレード人気ノウハウ

★ツールで気楽にトレードトレードサイン生成ツールAlchemy

★株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

★証券ディーラー山本伸一の板読みトレードテクニック

★山本伸一の空売りピンポイント投資術2

このエントリーをはてなブックマークに追加