ゴールデンクロス株で儲ける方法

信用取引,入門,空売り,儲け方,

株式投資の銘柄探し法にゴールデンクロス法というのがある。

 

ゴールデンクロスというのは、25日移動平均線が75日移動平均線を上回ることを言う。

 

またミニ・ゴールデンクロスもあって、こちらは5日移動平均線が、25日移動平均線を上回る事を言う。

 

最近は、ゴールデンクロスというと、ミニ・ゴールデンクロスを指すことも多い。

 

ゴールデンクロスが発生するとき、株価は上昇していて、その後もしばらく上昇が続くことが多いので、「買いチャンス」と言う風に考えられている。

 

でも実際にゴールデンクロスが発生したときには、すでに株価は上がりすぎていて、下落し始めていることもある。

 

なのでゴールデンクロスが発生する直前の銘柄を見つけて、それを買いに入ることができればなあ、と思ったりする。

 

株のアドバイスをするような商売では、こういうゴールデンクロス直前の株を見つけて、推奨銘柄にしていることも多い。

 

しかしゴールデンクロスになるかどうかは、ゴールデンクロスが発生する直前になるまで、よく分からないものだ。

 

月何万もかかかる有料の投資情報などでは、そう言う株を教えてくれるのかも知れないが、そういう有料情報を利用せずにゴールデンクロス直前株を見つけるのは、テクニックが必要だ。

 

ただしそれでも、ゴールデンクロス発生が予測できるケースもある。

 



ゴールデンクロス銘柄の見つけ方

ゴールデンクロス直前の株は、どうやって見つければいいのか?一番確実なのは、上場している銘柄の日足チャートを片っ端から全部みていけばいい。

 

ただし6000前後もある銘柄を片っ端から見るというのは、時間ばかりかかってしようがない。

 

得意銘柄を持っている人なら、その銘柄のチャートだけ見ていればいいわけだが、得意銘柄がなかったり、得意銘柄が不調だったりすると、新しく有望な銘柄を捜すことになる。

 

ということでゴールデンクロス直前の株を捜すって事になるわけだが、その前に、ゴールデンクロス直前のチャートの状態がどうなるか、どういうチャートなら儲かる可能性が高いか、考えておく。

 

ただゴールデンクロスだから、と言って買いに入っても、株価が上がらず儲からなかったら話にならない。

 

ゴールデンクロスのチャートの例
ゴールデンクロス直前株の見つけ方ピンク色の線が短期移動平均線(10日)。

 

緑色が25日線、茶色が75日線。

 

このチャートを見て、ゴールデンクロス直前の株を見つける方法を考えてみてみよう。

 


広告


このエントリーをはてなブックマークに追加

株式投資 オススメ教材

★売買判断はチャートだけでOK!「相場式うねり取り」動画で

★相場式の発展形、短期間で利益を出す「ショットガン投資法」

★ウイークリートレードならワンウイーク副業投資

★証券ディーラーのデイトレ手法をリアル・トレード動画で学べ
紫垣デイトレード塾

★株価の天底と転換点が一目でわかる
テクニカル指標の使い方

★情報に乏しい新興市場株の情報はここから!