初公開!★相場師朗の超短期トレードの極意ショットガン投資法

★第1位★14日間おためし!儲かる銘柄をズバリ即金投資【株ドカン】

★第2位★新!うねり取り!相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第3位★儲かる銘柄は6条件!株式投資錬金術

板情報から株価の上昇・下落が読める?

板情報から株価のトレンドを読む

板情報(いたじょうほう)から、今日の株価のトレンドが読めることがある。

 

板情報とは、売り買いの注文状況を表示している表のことで、株価ボード・板気配とかとも言う。

 

楽天証券のマーケットスピードなら、「市況情報」という名称になっている。

 

たとえば右図のように15万円で買い注文を出ているのが何株で、15万1千円で売り注文が出ているのが何株か表示されている。

 

この板情報、毎日見ていると、傾向が読めるようになってくる。

 

というのも売り買いのバランスや、売り買いの量の変化で、株価が上がるのか下がるのか、ある程度予想ができるのだ。

 

たとえばこの板情報は、ある日のある銘柄の午前中のボードだ。

 

このボードを見て、上がるか下がるか考えてみる。

 

注目は、OVERとUNDERのところの数字だ。

 

OVERというのは、この表に出ていない売り注文の合計のことで、UNDERはこの表に出ていない買い注文の合計になる。

 

つまりここに見えていないが、すでに出されている注文の量が分かるわけだ。

 

この板情報では、売りが約6900株で買いが2400株ということなので、売り注文が買い注文の2.5倍くらいある。

 

この銘柄の場合、このバランスだと下がるのが普通だ。

 

実際のところ、この銘柄は、ギャップアップスタートだったが、すぐにマイナスに転じた。

 

こういうバランスの日は経験上「下がる日」になる。

 

だからギャップアップに釣られて買いに入ると、損をする事が多い。

 

信用取引の場合は、逆に売りチャンスと言うことになるから、保有株があれば、売って利益を確定することも考えないといけない。

 

ようするに、こういうバランスの日は「売る日」ってことだ。

 


売り買いのバランスと、通常の注文量で読める

一方こちらは、別の銘柄の同じ日の板情報だ。

 

こちらの場合、売り買いのバランスは、8000対6000になっている。

 

こういう風に売り買いの数が接近しているときは、株価は上昇することが多い。

 

少なくともこの表の下に買いたい人が山ほどいるので、株価は下がらないと見ていい。

 

買いの数の方が売りの数より上回っているときは、もちろんかなりの上昇が見込める。

 

そう言うことは滅多にないので、逆に翌日下がるのが怖かったりする。

 

株価が急上昇した翌日は、売りの数も多くなるので、急落することもよくあるからだ。

 

株価が急騰したときは、翌日の板情報を確認して、売り数がいつもより増えているかどうか確認する必要がある。

 

デイトレードやスイングトレードの場合は、2〜3日くらいで利益を確定しようとするので、買ったらすぐに売り注文を入れたりするからね。

 

売り注文の数が通常に戻ったら、株価はまた上がり始める事が多い。

 


株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★14日間おためし!儲かる銘柄をズバリ教えます!即金投資【株ドカン】

★第2位★新発売!うねり取りを超えていけ!相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第3位★儲かる銘柄は6条件で見つけられる!『株式投資錬金術』

★第4位★週末イチ時間でお宝銘柄を見つけろ!ワンWEEK副業投資プログラム

★第5位★ウイークリートレード決定版!「5日株トレード法」全セット

★第6位★デイトレでどうしても稼ぎたい!紫垣デイトレード塾

★第7位★日経225miniで稼ぐ秘訣!株価暴落時のヘッジもZONE〜NEW WORLD〜

初公開!★相場師朗の超短期トレードの極意ショットガン投資法

このエントリーをはてなブックマークに追加