3分割法や3単位投資法がなぜ必要か?

信用取引,入門,空売り,儲け方,

株式投資3分割法や3単位投資法は、株価のトレンドが変わることを想定した投資法だ。

 

株が上がり始めたら株を買い増して行き、株が下がり始めたら売り崩す。

 

これによって少しずつ利益を積み上げていくという方法になる。

 

株には適正価格なんてなくて、毎日毎日、株価は変わっていく。

 

そう言う株で儲けるには、トレンド(潮の流れ)に上手く乗ることが重要な事になってくるわけだ。

 

トレンドが変われば、自分も方向転換しないといけない。

 

自分は上がると思って株を持っているが、他の投資家が価値がないと思って投げ売りし出すと、株価はあっという間に半分になったりする。

 

特にお金持ちは、別にその株に投資しなくても、別の投資先が世界中にある。

 

そう言う人が見切りをつけて売ってしまうと、株価はもうどうにも上がらない。

 

中国株が有望だと言うことになると、日本株が売られて中国株が買われる。

 

中国株がダメだと言うことになると、インドやベトナムの株が上がったりする。

 

そう言う風に常に流動的な状態の中で、我々は投資をするわけだから、うまくその波の上に乗っかりつつ、利益を上げないといけない。

 

そのために、機敏に少しずつ体勢を変えていく必要があるわけだ。

 



株式投資3単位投資法の実践例

株式投資では、投資資金で3単位以上買える銘柄で売買して儲けるのが楽である。

 

資金を全部賭けるとバクチになってしまい、含み損がふくらむと身動き取れなくなったりするからだ。

 

株価というのは波のように上がったり下がったりするので、その上下に合わせて売買すると、リスクがかなり減る。

 

3単位投資法のルールは簡単で、

  • 投資余力で3単位以上買える銘柄に投資する。

     

  • 株価が上がったら買い、株価が下がったら売る。

     

というものだ。

 

たとえばこんな感じになる。

 

3単位投資法の例
株式投資・3単位投資法とは最初に買いに入るタイミングは、株価が低い位置から大陽線が出たときだ。

 

日中トレードの場合は、5分足チャートや板気配で上がるか下がるか、ある程度読めるので、大きな陽線の途中で買い付ければ良い。

 

日中に買い付けられない投資家の場合は、大きな陽線を付けたあとに2〜3日調整があることが多いので、陽線の真ん中くらいの値段で2〜3日、買い注文を出しておけばよい。

 

「押し目狙いに押し目なし」、という株の格言もあるので、半値くらいがちょうどいいと思うし、たいてい買える。

 

買えなかったら「縁がなかった」と思うしかないかな。

 


広告

株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★神王リョウの投資スクール神リッチプロジェクト

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

★第4位★週末イチ時間でお宝銘柄!ワンWEEK副業投資プログラム

★第5位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第6位★トレードサイン生成ツールAlchemy(アルケミー)

★第7位★個人投資家なりの戦い方!株リッチプロジェクト

テクニカル・トレード人気ノウハウ

★ツールで気楽にトレードトレードサイン生成ツールAlchemy

★株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

★証券ディーラー山本伸一の板読みトレードテクニック

★山本伸一の空売りピンポイント投資術2