トレンドフォロー株投資法の利点は、売り時がわかりやすいこと

トレンドフォロー株投資法の利点は、「売り時」がハッキリしているという点だ。

 

株式投資の入門書を読むと、買い時については詳しいが、売り時については曖昧なことが書いてあることが多い。

 

たとえば「10%上がったら売り」とか、「上昇が止まったら売り」とか。

 

しかし10%上がって売った後、さらに上昇する株もあるし、上昇が止まったところからまた上昇が始まる株もある。

 

売った後に株価が上がるのを見てしまうと、非常に損した気分になることが多い。

 

そこで「夢よもう一度」と買いに入ると、今度は高値づかみになって、下落トレンドに巻き込まれて大損したりする。

 

つまり何%上がれば売りというルールでは、株価のピーク(頂上)を捉えられない可能性があるわけだ。

 

株価のピークを捉えられていないから、早まって売ったことを後悔してしまうということらしい。

 

その点、トレンドフォロー株売買法では、株価が下落トレンドに入ったことを確認してから売るので、株価のピークを外すことはない。

 

そして売り時が「ロスカットライン」になっているところも、トレンドフォロー株売買法の利点だろう。

 

上昇中の株でもどこかで下落トレンド入りするわけで、もしかしたら買い付けてすぐ下落トレンドが始まるかもしれない。

 

そういうときにロスカットラインをあらかじめ引いておけば、そこが損切りラインになって、資産を守ることができるわけだ。

 

トレンドフォロー株売買での売り時 日足チャート例
トレンドフォロー株売買での売り時

トレンドフォロー株売買の欠点 利幅が小さくなる?

トレンドフォロー株売買法は、上昇トレンドを確認してから買いに入り、下落トレンドを確認してから売る。

 

そのため、高値づかみしやすいとか、利幅が小さくなるといういう欠点もある。

 

またトレンドがハッキリしない株には、うまく対応できないという短所もある。

 

株価というのは、5連騰10連騰することは滅多になく、1日大きく上がったら翌日は下げ、3日連続で上がったら、2日連続で下がる、…と言う風に動くことが多い。

 

なので下落トレンドが収まって、2本連続で陽線が並んだ次の日に買い付けると、翌日は下落して含み損を抱える可能性が高くなる。

 

2本並んだ陽線が長いものだと、次の下げは長い陰線になりやすいので、そこで高値づかみして損を出してしまうわけだ。

 

またトレンドフォロー株売買法では、押し目狙い気味に「安値切り上げ」で買いに入る方法と「高値切り上げ」を確認して買いに入る方法がある。

 

この場合、「高値切り上げ」で買いに入ると、直近の安値からすでにかなり上昇しているので、そこからの上昇幅が少なくて、儲け損なってしまう。

 

これを解決するには、底値切り上げ確認で買いに入るか、底値から立ち上がってきた株・銘柄を探すしかない。

 

底値から上がってきた株は、上昇スピードは遅くても損するリスクが小さいし、狙える上値の利幅が大きいから、トレンドフォロー株売買には打って付けだ。

 


広告


このエントリーをはてなブックマークに追加

株式投資 オススメ教材

★売買判断はチャートだけでOK!「相場式うねり取り」動画で

★相場式の発展形、短期間で利益を出す「ショットガン投資法」

★ウイークリートレードならワンウイーク副業投資

★証券ディーラーのデイトレ手法をリアル・トレード動画で学べ
紫垣デイトレード塾

★株価の天底と転換点が一目でわかる
テクニカル指標の使い方

★情報に乏しい新興市場株の情報はここから!